親の「あったらいいなぁ」を託した
放課後等デイサービス

ひなたは「障がいをもって産まれてきた我が子のために」その母親7名が、志を共にスタートした団体です。障がい児の親である私たちが「あったらいいなぁ」と思った支援を実現しようと立ち上げたのが、放課後等デイサービス「ひなたぼこ」です。

放課後等デイサービス
「ひなたぼこ」

「自立」を大切にした、療育とサポート

愛知郡東郷町の認定NPO法人ひなたは、福祉相談、放課後等デイサービス、障がい者の方の地域での就労支援を通して、地域での「自立」を大切に、療育と支援を行っています。

認定NPO法人ひなたについて

ひとりひとり、子どもはもちろん、保護者にも寄り添う

子どもをより良い大人へと育てていくためには、療育以外にも家庭での関わりがとても大事なものです。 ひなたの自主事業では、先輩ママによるカウンセリング(ピアカウンセリング)、専門家による親への支援(ペアレント・トレーニング)を実施しています。

ひなたの自主事業

お知らせ

お知らせNEW2018年02月19日

3月11日開催予定「障がいがあっても活躍できる地域づくり……

代表コラム2017年12月19日

「価値観とか」に支えられて

お知らせ2017年11月10日

第6回講演会「ストレスをためない楽しい子育て」 1月14……

代表コラム2017年09月29日

百聞は○○に如かず

代表コラム2017年07月06日

作文「やくそく」の紹介

このまちで、ずっと暮らしていきたい。

障がいを持っていても、いなくても、
人としてこの社会に生まれ、成長し大人になる過程で

「働いて対価を得る事で、自身の夢や希望を叶える」

という当たり前の人生を、楽しんで欲しい。
そのための支援ができる場であり、
世代が変わってもこの町でずっと続いていく…そんな場でありたいと、ひなたは想っています。

認定NPO法人ひなたについて

より良い将来のための準備は、学童期の「今」が重要です。

「こどもの希望を全部叶えてあげたい!」
我が子が喜ぶからと、つい、甘やかしていませんか?
それは本当に甘やかせていい行動ですか?

将来の不適応行動に発展するのを防ぐために、学童期にしか身につかない、学童期にこそ身につけたいことを支援しています。

放課後等デイサービスひなたぼこ

子どもの「育てにくさ」を感じている お父さん、お母さんへ。

代表コラム&ひなた通信(スタッフBlog)

ひなた通信2018年04月05日

平成30年度入社式

4月2日に今年度から地域活動支援センター(さんさん)で働く利用者さんの入社式を行いました。 さんさんの皆さんも一緒に働く仲間が増えたことをとても喜んでいら …続きを読む

ひなた通信2018年03月27日

障がいがあっても活躍できる地域づくりについて

今月11日(日)に愛知県平成29年度「障害及び障害者に対する県民理解促進事業」のイベントを行いました。 障がいを持っていても社会や地域のためにできることが …続きを読む

ひなた通信2018年02月14日

Come on Togo !

2月12日に開催されたCome on Togo! に『ひなたダンサーズ』として出演・参加させて頂きました。 今回は『はなっかパレード』と『エビカ二クス』を踊り …続きを読む

代表コラム2017年12月19日

「価値観とか」に支えられて

先日 愛知淑徳大学で愛知県言語聴覚士会の第2回「コミュニケーション障害関連団体との出会いかい」がありました。私はウイリアムズ症候群の家族の会であ …続きを読む